沿革

日本耳鼻咽喉科感染症研究会は、本研究会の必要性を最も熱心に提唱し、設立に貢献された高須照男、河村正三、山本馨、河本和友、廣戸幾一朗、秋吉正豊他の先生方により幹事会が組織された。そして、昭和46年(1971年)12月5日に初代幹事長である高須照男会長のもと名古屋にて第1回研究会が開催された。
幹事長職は昭和46年から昭和51年までは高須照男、昭和51年から昭和57年までは馬場駿吉が務め、研究会は全国津々浦々で開催された。
大山 勝が会長を務めた第12回より、日本医用エアロゾル研究会と同時開催となった。その際、幹事会は運営委員会に改組され、研究会名が「耳鼻咽喉科感染症研究会」から、「日本耳鼻咽喉科感染症研究会」へ変更され、馬場駿吉が初代運営委員長に就任した。その後、西村忠郎(平成12年〜平成18年)、鈴木賢二(平成18年〜平成24年)が運営委員長を務めた。
研究会の記録は、第1回〜第11回までは「耳鼻と臨床」に掲載されており、第12回以降は日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌が発刊され、第42回まで残されている。

日本医用エアロゾル研究会は、三吉康郎、水越 治、森本正紀、高橋 良、鈴木淳一、佐藤素一らにより、昭和48年(1973年)12月21日に箱根で開催された「エアロゾル研究会」にて立ち上げの提案がされた。
そして、鈴木淳一を組織委員長とする「医用エアロゾル研究会」が設立され、昭和52年(1977年)11月26日に武田一雄会長のもと京都にて第1回研究会が開催された。
その後、第6回より、日本耳鼻咽喉科感染症研究会と同時開催となった。
原田康夫会長の第9回研究会の際に、研究会名が「医用エアロゾル研究会」から、「日本医用エアロゾル研究会」へ変更され、組織再編成とともに、大山 勝が運営委員長に就任、昭和61年から平成元年まで務めた。その後、坂倉康夫(平成元年〜平成12年)、間島雄一(平成12年〜平成20年)、黒野祐一(平成20年〜平成25年)が運営委員長を務めた。
研究会の記録は、第16回までは日本医用エアロゾル研究会記録集として、第17回以降は耳鼻咽喉科展望誌の補冊として残されている。

そして永年ともに歩んできた両研究会は、発展的合併を果たし、新たに「日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会」と改名し平成25年(2013年)8月1日より出発した。(敬称略)

(2013年9月 記)


日本耳鼻咽喉科感染症研究会担当施設と開催地
日本医用エアロゾル研究会担当施設と開催地
(昭和46〜57年まで「耳鼻咽喉科感染症研究会」)
(昭和52〜60年まで「医用エアロゾル研究会」)
年度 担当施設 会長 開催地 演題数
年度 担当施設 会長 開催地 演題数
S46 第1回 名市大 高須 照男 名古屋 (8)
S47 第2回 大阪市大 山本 馨 宝塚 (9)
S48 第3回 順天堂大 河村 正三 東京 (8)
S49 第4回 東北大 河本 和友 宮城 (10)
S50 第5回 九州大 廣戸 幾一郎 福岡 (11)
S51 第6回 東医歯大 秋吉 正豊 東京 (6)
S52 第7回 関東逓信 三辺 武右衛門 東京 (9) S52 第1回 大阪医大 武田 一雄 京都 (5)
S53 第8回 名市大 馬場 駿吉 名古屋 (13) S53 第2回 金沢大 梅田 良三 金沢 (11)
S54 第9回 金沢医大 山下 公一 金沢 (14) S54 第3回 群馬大 石井 英男 前橋 (10)
S55 第10回 札幌逓信 岩沢 武彦 札幌 (23) S55 第4回 千葉大 金子 敏郎 千葉 (10)
S56 第11回 獨協医大 古内 一郎 日光 (19) S56 第5回 名市大 馬場 駿吉 名古屋 (13)

年度 感染症/エアロゾル 担当施設 会長 開催地 演題数
(感染症/エアロゾル)
S57 第12回/第6回 鹿児島大 大山 勝 鹿児島 (30/10)
(※昭和58年:耳鼻咽喉科感染症研究会→日本耳鼻咽喉科感染症研究会へ改名)
S58 第13回/第7回 東海大 三宅 浩郷 箱根 (36/14)
S59 第14回/第8回 大阪市大 中井 義明 大阪 (28/13)
S60 第15回/第9回 広島大 原田 康夫 広島 (36/20)
(※昭和61年:医用エアロゾル研究会→日本医用エアロゾル研究会へ改名)
S61 第16回/第10回 大分医大 茂木 五郎 大分 (41/19)
S62 第17回/第11回 大阪大 松永 亨 大阪 (32/17)
S63 第18回/第12回 東京女子医大 石井 哲夫 東京 (38/11)
H1 第19回/第13回 旭川医大 海野 徳二 旭川 (37/15)
H2 第20回/第14回 奈良医大 松永 喬 奈良 (59/20)
H3 第21回/第15回 新潟大 中野 雄一 新潟 (42/13)
H4 第22回/第16回 関西医大 熊澤 忠躬 大阪 (33/11)
H5 第23回/第17回 東北大 高坂 知節 仙台 (54/14)
H6 第24回/第18回 順天堂大 市川 銀一郎 東京 (35/15)
H7 第25回/第19回 三重大 坂倉 康夫 (31/11)
H8 第26回/第20回 九州大 小宮山 荘太郎 福岡 (26/6)
H9 第27回/第21回 保衛大第2 西村 忠郎 名古屋 (36/8)
H10 第28回/第22回 帝京大溝口 石塚 洋一 川崎 (43/14)
H11 第29回/第23回 岡山大 増田 游 岡山 (29/7)
H12 第30回/第24回 東邦大 小田 恂 東京 (32/9)
H13 第31回/第25回 和歌山医大 山中 昇 和歌山 (37/12)
H14 第32回/第26回 広島大 夜陣 紘治 広島 (46/14)
H15 第33回/第27回 東北大 小林 俊光 仙台 (38/7)
H16 第34回/第28回 三重大 間島 雄一 (48/11)
H17 第35回/第29回 金沢医大 友田 幸一 金沢 (47/8)
H18 第36回/第30回 鹿児島大 黒野 祐一 鹿児島 (52/6)
H19 第37回/第31回 旭川医大 原渕 保明 旭川 (66/9)
H20 第38回/第32回 島根大 川内 秀之 松江 (66/4)
H21 第39回/第33回 東邦大第2 大越 俊夫 東京 (62/10)
H22 第40回/第34回 保衛大第2 鈴木 賢二 名古屋 (54/5)
H23 第41回/第35回 順天堂大 池田 勝久 東京 (54/6)
H24 第42回/第36回 山口大 山下 裕司 下関 (62/9)
平成25年8月1日「日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会」として発足
H25 第1回 大分大 鈴木 正志 大分 (57)
H26 第2回 東京女子医大 吉原 俊雄 東京 (51)
H27 第3回 札幌医大 氷見 徹夫 札幌 (70)
H28 第4回 川崎医大 原田 保 倉敷 (74)
ページトップ

[お問い合わせ] 日本耳鼻咽喉科
感染症・エアロゾル学会

# 〒113-0033
東京都文京区本郷2-26-11
浜田ビル6階
中西印刷株式会社東京営業部内
TEL: 03-3816-0738
FAX: 03-3816-0766
E-mail: jsiao@nacos.com